8 ordinary elements of unordinary "reality distortion field"

Steve Jobsのプレゼンテーションは「現実歪曲空間」(reality distortion field)と称されるほど魅力に富んでいるが、それは魔法ではなく、みんなが習うプレゼンテーションの基本要素をきちっとこなしているからだ、とCarl Howeは指摘している(– via Maclalalawweblog)。

Jobs is so persuasive because he:

  1. Rehearses -- a lot.
  2. Is himself.
  3. Uses visuals effectively.
  4. Focuses on the problem he's solving in detail.
  5. Says everything three times.
  6. Tells stories.
  7. Isn't afraid of the dramatic pause.
  8. Uses comparisons to demonstrate features.

全文はこちら。Steve Jobs' Reality Distortion Field: As Powerful As Ever – SeekingAlpha
日本語訳はこちら。Steve Jobs はなぜ説得力があるのか – Maclalalaweblog

「現実歪曲空間」については次の2冊が詳しい。

レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏 スティーブ・ジョブズ-偶像復活

関連エントリー

Comment

January 14, 2007

Ads by Amazon

Ads by Google