Boeing 787 Dreamlinerが「game changer」と呼ばれる理由を長距離路線で体感する

ANA JA805A Boeing 787-8 Dreamliner at FRA

しばらく前になりますが、Boeing 787 DreamlinerでFRAからHNDまでの長距離を飛ぶ機会があり、なぜこの787が「game changer」と呼ばれるのかを体感してきました。前回、日本の国内線での搭乗に続き2度目の787です。

この当時、長距離国際線仕様の787は世界に1機しかなく、数日前も故障でB777が代わりに飛んでいたので本当に乗れるのか半信半疑でしたが、フランクフルト空港の搭乗口に787が止まっているのを見て一安心。

ANA JA805A Boeing 787-8 Dreamliner International Long-haul Configuration Seat 1A (C class)

ボディーの素材がアルミ合金から炭素繊維強化プラスチックになったことによる787の特徴は大きく分けて2点
1)軽量化による大幅な燃費の改善:いままで中型機では採算がとれなかった長距離路線が可能に
2)サビを心配する必要が減りキャビンの加湿が可能に、また気圧も標高2400m相当から1800m相当へ
これが「game changer」と呼ばれる所以です。

特に2)は長距離路線では効果てきめんでした。約11時間半かかって羽田に到着しても、鼻の中がカピカピにならない。肌もガサガサにならない。いままで0%だった湿度が25%になった差は大きい。ANAの完全にフラットになるシートと相まって、朝、東京に到着しても、そのまま一日活動出来ますね。

ANA JA805A Boeing 787-8 Dreamliner International Long-haul Configuration Seat 1A (C class)

これを体感してしまうと、どの航空会社を使って目的地まで行くか、選択基準が変わってしまいます。

ANA NH204 FRA to HND Business Class Dessert

機内食もお祝いムード。

はやくSan Joseに就航しないかな。

Comment

May 28, 2012

Ads by Amazon

Ads by Google