An amazing synergy between Christine Walevska and Akimi Fukuhara

Christine Walevska Japan Tour 2010 Finale

An amazing synergy between Christine Walevska (cello) and Akimi Fukuhara (piano) successfully delivered the bold message Christine Walevska brought to Concert Tour in Japan 2010. The duo was filled with the sense of trust. It sounded they had been playing together for a long time, but later I knew actually they had played only once in April 2010, and N.Y. based young Akimi Fukuhara made a hasty flight to Tokyo just few days ago as substitute.

Why this “engagement”, one of the Walevska’s favorite words, could be happen? I think because Akimi Fukuhara is not only talented to express through piano, but also the most enthusiastic listener to Walevska’s message at that moment.

The message synergistically generated by two great players can be expressed only by music, not by words. But the warm and a little bit dense feeling would remain forever at our heart.

 
 

ワレフスカさんが日本ツアーにたずさえてきたメッセージは、ピアニスト福原彰美さんとの見事な相乗効果によって成功裏に聴衆に届けられた。二重奏は信頼感に満ちていた。まるで二人は長いことコンビを組んでいるように聞こえたが、実は一緒に演奏したことがあるのは2010年の4月に1回のみで、ニューヨーク在住の若いピアニスト福原彰美さんは、代役として数日前に急遽飛んで来たと後に知った。

この"Engagement"(ワレフスカさんの好きな言葉の一つでもある)はどのようにして起こったのか?それは福原彰美さんが才能に満ちたピアノによる表現者であるだけでなく、ワレフスカさんの放つメッセージを受け取りたいと熱望していたからではないだろうか。

二人の相乗効果から生み出されたメッセージを表現できるのは音楽だけであり、言葉に置き換えるのは難しい。しかし、暖かく、そしてすこし重みのある感覚は、聴いた人の心に永遠に残るであろう。

 
 

関連エントリー

竹内貴久雄さんによるエントリー

Comment

June 12, 2010

Ads by Amazon

Ads by Google