The Dish at Stanford

雨期も終わりを告げ、Hikeのシーズンが始まりました。足慣らしのために、もっとも手軽なハイキングコース、「The Dish」に行ってきました。

The Dishはスタンフォード大学のキャンパスの中にある丘、大きな電波望遠鏡があるために「The Dish」と呼ばれています。1週1時間位の周回コース。アップダウンが結構あって、頂上からはシリコンバレー全体が見渡せます。日陰が殆どないので、夏よりも春・秋が快適です。

DSCN2364.JPG

Nikion Coolpix S6: f/8.5, 10/671sec, ISO50

DSCN2365.JPG

Nikon Coolpix S6: f/8.5, 10/1281sec, ISO50

DSCN2367.JPG

Nikon Coolpix S6: f/8.5, 1/72sec, ISO50

The Dish at Stanford

Nikon Coolpix S6: f/4.4, 10/3477sec, ISO50

この電波望遠鏡の所有者はアメリカ政府。実際の運用はSRI International。このSRI (Stanford Research Institute) Internationalこそ、合成石鹸の生みの親(1948)であり、今やパソコンに欠かせないマウスの発明者(1964)であり、世界最初のインターネット・ノード(1969)の一つ。1946年の設立以来、産官学連携の実践の場であり続けている。

Related Links

Comment

April 8, 2007

Ads by Amazon

Ads by Google