ビルゲイツ+ウォーレンバフェットはモノポリーを握るのか?

$30 billion + $30 billionで年間拠出額$3 billion。Bill Gatesはマイクロソフトの経営からヘルスケアと教育に注力するBill & Melinda Gates Foundationの運営にシフトすることを発表し、ついでWarren Buffetがその資産のほとんどをBill & Melinda Gates Foundationに寄付することを発表した。合計で$60 billion。

これで基金の規模としては2位にダブルスコアでダントツの一位となり、「発展途上国のヘルスケアで、マイクロソフト並のモノポリーを握ってしまうのでは」という意見も強い。

しかし、株式会社という資本主義の仕組みをもっとも理解しているWallen Buffetが、「Bill Gatesに任せたほうがずっと効果が期待できる」というのだから、競合よりも規模を追求するフェーズにあるのだろう。

その規模をイラク戦争のコストと比較したDanさんの「金の集中化と愚鈍化」の考察も興味深いが、ここでは身近なBiomedical researchの領域と比較してみた。

Biomedical researchの領域で世界最大の基金はイギリスのWellcome Trust。基金の規模は$22.6 billionで年間$0.8 billion (3.5%)を拠出。

アメリカで最大の基金はHoward Huges Medical Institute(HHMI)。規模$14.8 billionで年間$0.5 billon (3.4%)を拠出。

アメリカでの最大のsourceは税金によるNIH grantsだが、これが年間$28 billion。しかしアメリカのBiomedical領域の年間研究費の総額は約$100 billionでNIH grantsは28%を占めるにすぎない。HHMIは0.5%。このsourceの多様性がアメリカの強さ。

もしBill & Merinda Gates Foundationが全額をBiomedical領域に投入しても、年間$3 billion (3%)でモノポリーとはならない。基金がfocusする発展途上国のヘルスケア改善には基礎科学レイヤーも大きな貢献が出来るはず。これを機にHHMIと同規模くらいでBiomedical researchに振り向ければよい競合が生まれると思うのだが。

Comment

June 27, 2006

Ads by Amazon

Ads by Google